結婚・縁談調査専門探偵社が教える知っておきたい縁談知識〜身上書、釣書の書き方〜

結婚調査TOPページ>知っておきたい縁談知識〜身上書・釣書の書き方〜

身上書・釣書の書き方

「失敗しない身上書・釣書の書き方」を詳しく解説

最近ではパソコンで作成したものをプリントアウトするという方法もありますが、お見合い相手の方だけでなく、その家族の方の目にも触れるものですから、字に自信が無くとも手書きのものが好ましいでしょう。
どうしても自筆は避けたいという場合は、文字のうまい身内に代書をお願いするか、筆耕サービスを依頼するという選択肢もあります。

釣書に使う紙は、白無地、又は縦罫入りの便箋や上質紙で構いません。
市販の履歴書は使用しない方がいいでしょう。
尚、筆記用具は万年筆や筆ペンを使用し、鉛筆やボールペンは避けましょう。
毛筆で奉書に書くのもいいでしょう。

釣書が書きあがったら、これらをまとめて3つ折にし、開いたところが読みはじめになるように白無地の封筒に入れて、表書きをします。 表書きは、内容にあわせて「釣書」「身上書」「家族書」「履歴書」等とします。

その封筒と一緒に写真を添え、更に大き目の封筒にいれます。
このときの宛名は世話人とします。
これらの書面を2、3部用意して世話人に預けておきます。
※封筒は開封したままで渡してください。
コピーでは常識に欠けますので面倒でも必要枚数を手書きします。
尚、写真は写真館等で撮影した正式なものと普段の表情が現れたスナップ写真をあわせて同封するのがいいでしょう。

釣書の各項目とそのポイントを詳しく説明していきます。

【氏名、生年月日】

正確に書きましょう。
読み方が難しい場合はふりがなを打ちます。
年齢を書くと作成日がわかってしまうので、年齢は余り書かない方がいいでしょう。

【本籍地、現住所】

正確に書きましょう。
読みにくい地名は仮名をふっておきましょう。
尚、本籍地の記載は省略するケースもあります。

【学歴】

中学校卒業以降を書けばいいでしょう。
名門幼稚園・小学校を出た人はそこから書いてもいいです。
予備校などは書かなくても良いでしょう。
卒業していない場合は、その理由が推測できるように書いておいた方が良いです。
(良い就職先があり中退した、進路変更で入学し直した等)

【職歴】

最終学歴以降のことを書きます。
転職している場合、その理由が推測できるように書いておいた方が良いです。
(キャリアアップのため、会社の倒産による転職など)
日本では転職に対する好意的評価は余り得られていませんので、転職回数が多い人は現在の職のみを書いて良いと思います。
また、会社名だけでなく、部署名も書いておいた方がわかりやすくて良いでしょう。

【身長・体重】

写真を同封するケースが多いので体重は省略しても構いませんが、大柄な方が苦手であるなどの好みの問題があり、顔合わせをした時に話が違うといった事のないよう、あらかじめ書き伝えておいた方が無難でしょう。

【趣味】

本人の人となりが如実に現れる重要な項目です。
この項目である程度の雰囲気を判断する方も多いですので、「読書・音楽鑑賞」とだけで終わらせず、相手へのアピール効果を意識して書きましょう。

尚、アウトドア派の趣味は快活なイメージを与えますので、経験が浅いスポーツやこれから始める予定のスポーツなどであっても積極的に書きましょう。

【特技・資格】

特に無ければ無理に書かなくてよいでしょう。
あまりにも細かいものまで書く必要はないでしょう。

【生活信条・信仰・収入等】

特に伝えておきたい場合は、末尾(家族書の前欄)に書き加えておきましょう。

【家族の欄(親族書・家族書)】

家族書には一般的に本人から二親等までの親族について、詳細な親族書の場合は3親等までの親族について書きます。

この欄では、まず両親の氏名、生年月日、住所、勤務先、職位等を書き、その後に兄弟や本人、同居家族を順番に書いていきます。
既に兄弟が結婚されている場合は、義兄・義姉等についても書く必要があり、世帯が違う場合は住所も記載しましょう。

以前は母親の出所や全員の最終学歴、職業等についても詳しく記していましたが、最近では本人との続柄や名前等だけの簡単なプロフィールの記述に留め、詳細は省略される事も多いようです。

色々な項目を挙げましたが、最近では記述内容の簡略化も進んでいますので、世話人の方などにどの程度の内容の身上書が必要なのか確認してから書く方がいいでしょう。

関連項目

24時間電話受付 無料ご相談見積り お気軽にご相談ください 秘密厳守 0120-917-791

メール相談今すぐクリック!

日本調査業協会