結婚・縁談調査専門探偵社が教える知っておきたい縁談知識〜世話人への御礼〜

結婚調査TOPページ>世話人への御礼

世話人への御礼

お見合いでお世話になった世話人への御礼の仕方

あなたの為に時間や手間を割いていただいた世話人の方へ感謝の気持ちとしてお礼を送る必要があります。

世話人への御礼

まず、場合によっては縁談の依頼時にお願い代や双方への連絡の際の通信費として2〜3万円を包む事があります。
お礼を渡すタイミングは地域性などにより違いがあり、お見合いなどが終わった後にお見合いの費用などと一括して包む場合もあるので、親族などに確認してみましょう。

ホテルやレストランなどで見合いを行う場合、前もってかかる費用が分かっていれば、それよりも多めの金額を世話人に渡しておく場合もあります。

世話人のお宅でお見合いをさせていただいた場合は、実際にかかったと思われる費用より少し多めにお礼という形でお支払いします。
受け取ってもらえない場合は、金額に見合った商品券や品物をお渡ししましょう。
そしてお礼の意味で少し多めに2〜3万円ほどプラスして、支払います。またこれは、「御礼」「薄礼」などと封筒に表書きをして、正式にお返事をする時にお渡しするというパターンも多いです。
※詳しくは「お見合いにかかる費用」に記述しておりますので、そちらをご参照ください。

お見合いなどの一連の流れが終わった時に、縁談がまとまった場合にしても、まとまらなかった場合でも、再度直接世話人の家を訪ねて手土産と共にお礼を渡します。
これは男性側も女性側もそれぞれお礼をします。
お礼は2〜4万円の現金が渡す事が多いですが、受け取ってもらえない場合は商品券や品物を渡しましょう。
現金を渡す場合、表書きは「御礼」「薄謝」としましょう。

もし、縁談がまとまって世話人にそのまま媒酌人をお願いする場合は、結婚式を終えてから全てのお礼をすればいいでしょう。

媒酌人をお願いする場合

前項でも述べましたが、めでたく縁談がまとまり、世話人にそのまま媒酌人(仲人)をお願いする場合は、結婚式を終えてからすべてのお礼をすればよいでしょう。
表書きは「御礼」「寿」とし、両家の連名で渡します。
金額は一般的に頂いたお祝い(ご祝儀)の2倍、地域によっては結納金の1〜2割が相場とされており、菓子折りなどに添えて渡します。
他の方に媒酌人をお願いする場合は10万円程度のお礼をお渡しするのが一般的です。

関連項目

24時間電話受付 無料ご相談見積り お気軽にご相談ください 秘密厳守 0120-917-791

メール相談今すぐクリック!

日本調査業協会