結婚・縁談調査専門探偵社が教える知っておきたい縁談知識〜お見合時の服装とは〜

結婚調査TOPページ>お見合時の服装

お見合時の服装

清潔感ある服装で第一印象を良くしましょう。

女性の服装

女性は清楚なワンピースややわらかい印象のスーツがいいでしょう。
肌の過度な露出は避けてください。アクセサリーもパールなどの上品な物をさりげなく身に着ける程度にしましょう。

ノーメイクはマナー違反ですが、派手すぎるメイク、奇抜なメイクは避けて上品に控えめなメイクを心がけてください。
あからさまなブランド物を複数というのも避けましょう。
和装の場合は小紋かつけさげが適しているといわれていますが、着慣れていないと仕草などが不自然に堅くなりがちです。
慣れない方は洋装をお勧めします。

男性の服装

男性は着慣れたスーツでいいでしょう。
清潔感のあるさわやかな印象を与えられるよう、清潔なシャツに磨いた靴をあわせ、ヘアスタイル、爪や靴下など細部にも気を配ってください。
いくら上質なスーツを着ていてもベッタリした髪に伸びた爪、穴の開いた靴下では台無しです。

また、お見合いの服装はお見合いの場所と時間帯に合わせるのが望ましいです。
昼に料亭などの格式のある場所でお見合いを行う場合は正装、世話人の家で行う場合は落ち着いた服装、夜に高級レストランでお見合いする場合は男性はダークスーツ、女性は多少ドレスアップしてなど、上記の内容にはこだわり過ぎず、TPOにあわせた服装がいいでしょう。

ただ、お見合いの服装は男性も女性も同じようにバランスが取れている事が基本です。
和装の女性にラフな服装の男性では見た目がアンバランスですよね。
事前に世話人に服装についても確認しておけば安心です。
尚、服装などについても女性の意向が優先されますので、女性が和装でかしこまった席を望む場合は男性もそれに合わせて正装するようにします。

関連項目

24時間電話受付 無料ご相談見積り お気軽にご相談ください 秘密厳守 0120-917-791

メール相談今すぐクリック!

日本調査業協会