結婚・縁談調査専門探偵社が教える知っておきたい縁談知識〜お見合の同席者とは〜

結婚調査TOPページ>お見合の同席者

お見合いの同席者

お見合の席には付き添う人が必要?

時代と共に変わる付き添い人

昔ながらの見合いでは通例として、世話人に加え双方とも父母が付き添っていました。 昔は結婚は家同士の結びつきという点に主眼をおいていたため、付き添い人として父母が同席していましたが、現在は付き添いなしというケースも増えているようです。

世話人についても、参加する場合もしない場合もあります。
どうしても親が同席していると当人たちが緊張してしまい、思うことを口に出しにくく、普段の自分らしさを出せない事が多いようです。

普段の自分を知ってもらい、相手の自然な姿を見る為にも出来るだけ同席者は少なくした方がいいでしょう。
付き添い人が必要な場合は、双方から1人ずつ付き添う方法もあります。
男性には母親、女性には父親がそれぞれ付き添い、同性の目で相手の方を判断します。

尚、付添い人が複数同席する場合は、両家の人数をそろえる事が重要です。
この点を含め、予め世話人に付添い人の人数や望んでいるお見合いの雰囲気、世話人の同席有無など確認しておくといいでしょう。

関連項目

24時間電話受付 無料ご相談見積り お気軽にご相談ください 秘密厳守 0120-917-791

メール相談今すぐクリック!

日本調査業協会