結婚・縁談調査専門探偵社が教える知っておきたい縁談知識〜お見合の流れを知りたい〜

結婚調査TOPページ>お見合いの流れ

お見合いの流れ

お見合の流れを簡単に説明いたします。

1.待ち合わせ

遅刻は厳禁です。トイレで身だしなみをチェックできるくらいの余裕をもって向かいましょう。

2.挨拶

待ち合わせ場所には世話人が早めに来ているはずですので、世話人に挨拶をしましょう。
お見合い相手も既に到着していた場合は、世話人がまず女性側へ男性を紹介します。
男性からも簡単に挨拶をした後、今度は世話人が男性側へ女性を紹介します

最近では世話人は同席せず、最初から2人きりで会う場合もあります。この場合は、一般的なデートと変わりありませんが、マナーに気をつけて大人のしてのふるまいを心がけましょう。

3.会話

世話人のリードで会話を進めます。
事前に取り交わしている身上書などの書類などからお互いの共通の話題などを見つけて話が弾むように、飾らず自分をアピールしましょう。

4.場所をかえる

2人の緊張がほぐれ、会話が弾むようになってきた頃合を見計らって、世話人と付添い人が中座、若しくは当事者2人が場所をかえて2人きりで過ごします。

庭や近くの公園を散歩、カフェで会話をするなどしながら相手の事を更に知り、自分をアピールしましょう。
会話が弾んだ場合は、男性は食事に誘っても大丈夫ですが、女性の気持ちが優先されます。

ただ、お見合い当日の食事はマナーとして断るという考えの女性も少なからずいるので、食事のお断りが縁談のお断りだと考えるのは早合点かもしれません。
食事をした場合も、男性は余り遅い時間まで女性を付き合わせないようにし、最寄り駅まで送ります。 車で来ていたとしても、初対面の女性を車で送るのは好ましくありません。

5.帰宅

お見合いを終えて帰宅したらまずは世話人へ報告の電話をしましょう。
お礼の言葉も忘れずに伝えます。
この時点では交際するかどうかの結論はまだ出さなくて大丈夫です。

関連項目

24時間電話受付 無料ご相談見積り お気軽にご相談ください 秘密厳守 0120-917-791

メール相談今すぐクリック!

日本調査業協会