結婚・縁談調査専門探偵社が教える知っておきたい縁談知識〜お見合写真について〜

結婚調査TOPページ>お見合い写真について

お見合い写真について

初めてのお見合写真は雰囲気の良いものを選びましょう。

お見合いを依頼するときには世話人へ身上書などと共に、写真を預ける必要があります。
この際預ける写真は写真館等で撮影した正式なお見合い写真と、普段のあなたの表情が現れたスナップ写真を1,2枚がよいでしょう。

最近では、正式なお見合い写真ではなく、スナップ写真を2〜3枚用意すればいいというカジュアルなお見合いも増えていますので、判断に迷う場合は世話人に確認しましょう。

写真館等で撮影する場合

写真館で撮影する場合は専門の店員さんがいらっしゃるのでおまかせすれば問題ないと思いますが、全身像を撮った台紙つきの写真が適当でしょう。
写真の裏には氏名と生年月日を書き添えます。

あらたまった写真を撮るときの装いは、女性の場合、洋服なら清楚な中間色のワンピース、着物なら振袖か訪問着が普通です。
最近ではワンピースで撮影する方が増えているようです。

男性は落ち着いた色のスーツとネクタイが基本です。
ネクタイピン、靴など全体のコーディネートに気を配ってください。
シャツの色を変えるだけでも相手に与える印象は随分変わりますので、留意しましょう。

スナップ写真について

スナップ写真はプライベートの写真や旅先で撮影したものから2〜3枚選びます。
いずれも最近撮影したものを選んでください。
あなたの色々な側面を伝える為にも、写真館での正式な写真とは違う雰囲気のものを選びましょう。

女性の場合、写真館で和装の写真を撮影したら、スナップ写真は洋装にするなど。
男性も釣書の趣味の項目にスポーツを記載した場合は、そのスポーツをしている場面の写真などもいいでしょう。
いずれにしても、服装は自然で明るい色調の清楚な印象を与えるものがいいでしょう。

濃いメイクも避けましょう。
また、できるだけ本人1人若しくは家族と一緒に写っているものを選びます。
友人等と一緒に写っている写真は避けましょう。
尚、写真の裏には撮影年月日や撮影場所を記入します。

関連項目

24時間電話受付 無料ご相談見積り お気軽にご相談ください 秘密厳守 0120-917-791

メール相談今すぐクリック!

日本調査業協会