結婚・縁談調査専門探偵社が教える知っておきたい縁談知識〜縁談の断り方〜

結婚調査TOPページ>縁談の断り方

縁談の断り方

縁談をお断りするにはどうしたらいいの?

ここでは、様々なケース別にマナーに沿ったお断りの方法を紹介します。
ケースに違いはありますが、共通するのは自分の事を気に掛けてくださった世話人への感謝の気持ちとお詫びの気持ちをしっかりと意識する事です。
お断りする理由がうまく伝えられない場合は、相手を傷つけないよう「私にはもったいない方で…」など相手の方を立てた形でお断りしましょう。

縁談を依頼した時とは気持ちが変わっていた場合

縁談を世話人へ依頼したけれど、縁談の話が来た時点では既に結婚をしたいという意志がなくなっていた場合は、どんなに好条件のお相手でも断るのが礼儀です。
また、お見合いを依頼したあとに、結婚を考えるような人が現れた場合も、縁談はお断りしましょう。
その時は、縁談書類は開封せずに、すぐにお断りをしましょう。
※書類を開封してからのお断りだと、今回の相手が気に入らなかったものと受け取られかねません。

お見合いを依頼していないのに縁談が持ち込まれた場合

結婚する意志がない場合、他に結婚を考えている方がいらっしゃる場合は、書類も受け取らずにきちんとお断りしましょう。
この場合は、お見合いを依頼していた訳ではないので断りの理由を説明する必要はなく、「せっかくですが、私には必要のないお話しですので申し訳ございません」で十分です。

上司などから縁談の話を頂いた場合、その場では断りにくいこともあるでしょう。
ただ、縁談書類を受け取ってしまうとお見合いをする意志があるとみなされてしまうので、できるだけ書類を開封しないままその場でやんわりと断りましょう。
断りきれずに書類を受け取ってしまった場合は、後日、「家族とも相談しましたが・・・」「よく考えたのですが・・・」といった断りの言葉と共に書類をお返ししましょう。

断る前に書類が届いてしまった場合

依頼していないのに持ち込まれて両親などが勝手に了承してしまった縁談で、相手方の書類が届いた場合には、開封しないで送り返すのがいいと思います。
開封してしまうと結婚をしたいという意志はあるが、今回のお見合い相手が気にいらなかったと思われる可能性があるからです。

希望する条件に合わない場合

世話人にはっきりとお断りする理由を伝えても問題はありません。
引き続きその世話人に縁談を依頼する場合は、今回お断りする条件を踏まえたうえで、これからのお見合い相手を選んでいただけるからです。
よって、両親との同居有無や転勤の可否等の条件は世話人に念押ししておきましょう。

関連項目

24時間電話受付 無料ご相談見積り お気軽にご相談ください 秘密厳守 0120-917-791

メール相談今すぐクリック!

日本調査業協会