悪徳探偵社の結婚調査の手口を公開!結婚・縁談調査は信用と実績のフォーチュンへ

結婚調査TOPページ>他社の結婚調査との違い(悪徳探偵社の手口)

他社の結婚調査との違い(悪徳探偵社の手口)

大手の探偵社が行っている結婚調査とは

結婚調査の裏側

電調(でんちょう)

「でんちょう」という言葉があるそうです。
聞けば、電話を架けて聞き込む調査のことだそうですが、結婚調査を行うのに電話を使ってどう調査するのか不思議な思いでした。

調査対象の周辺を電話帳でリストアップして電話をかけまくるというのです。
地方紙・週刊誌・ミニコミ誌・色んな取材名で、周辺の名所旧跡や名物を聞きながら土地の習慣やその土地出身の著名人などを聞き出し、調査対象者の居住地周辺の土地の古老や物知りで話し好きなお年寄りを上手に聞き出すのだそうです。

そして本当のターゲットであるそのお年寄りから、『報告書に記載できる雑多な情報を聞き出して、報告書を巧に作り上げるのだそうです。』もちろん、調査対象者のことを知っているお年寄りに当たれば、万々歳と言う事ですね。

依頼者様から何十万円という調査料金を頂いているにも拘らず、そんな事をしていると聞いたときは流石に驚きました。
そんな会社があるという事を是非知っておいていただきたいと思います。

犯罪・病歴調査の実態

ある大手調査会社で本当にあった話ですが、全国の支社長を集めた営業強化対策として、当時、目覚しい実績をあげて売り出し中の注目度ナンバーワンであるK支社長を講師にし、営業実績を上げる為の研修会を開いたときの事です。

K氏は居並ぶ支社長を前にして、 『皆さんは、営業実績を上げる為にどんな努力をしていますか?単価アップは当たり前です。』

『ひとつの例ですが、結婚調査の依頼者から依頼を受けるとき、皆さんはどこまで受けていますか?今までの枠組みの中での従来通りの依頼だけを受けていませんか?それでは駄目です。話になりません。依頼者は娘の為になら金は惜しみませんよ。「もし、相手に性病の病歴があったらどうするんですか?」と聞いたら、「とんでもない」と依頼者は答えますよ。』

『病歴も犯罪歴もあったら大変ですよ。だから調べておくんです。大切なお嬢さんの将来を台無しにしたいのですか?万に一つでもあったらダメでしょう。親の責任ですよ!』

『こんな感じで親に話すと大概、了解してくれますよ。料金も僕はいくら掛かるとは言いません。「僕に任せてください安く済むようにします」からとしか言いません。請求の時に、「思った以上に費用がかさんでしまいました。」といって堂々と請求します。50万位請求して、何も言われなければそのままですし、あれば10万引いて40万はもらうようにしています。一応、小道具として病歴と犯歴の情報提供者に支払った領収書を見せます。ほとんどそれで依頼者は納得どころか感謝してくれますよ。「この病歴や犯歴を調査した事は絶対に口外しないでください。
もし、調査した事がばれると僕だけでなく依頼者さんも・罪に問われてしまいます。」と付け加えると、そんな危ないことをしてもらったと逆に喜んでくれる依頼者の方が多いくらいです。』

ここで、今まで病歴や犯罪歴は違法調査であるばかりか調査の方法もないのに、そもそもどうやって調べているのか?と詰問したところそのK支社長は、驚くばかりの返答をしたそうです。

『そんな調査は違法だし、そんなことはする必要が無いでしょう。病歴も犯歴も「なかった」といえば、それで問題は起こらないでしょう。また依頼者にとってもその方が喜ばれることなのですから。』

居並ぶ支社長は全員、唖然としてしまったそうです。
その会議にはその大手探偵社の有名社長もいたのですから、社長お墨付の研修会であり社長容認のトークだと判断した支社長達は、何も言えなかったというのです。

このような探偵社がまかり通っているのは、同業者として恥ずかしい限りです。
早く、探偵業界もまともな実業界にしたいものです。
是非、私達『フォーチュン』を応援してください。
私たちが、この探偵業界を真に信頼される業界に変革して行きたいと思っています。

関連項目

24時間電話受付 無料ご相談見積り お気軽にご相談ください 秘密厳守 0120-917-791

メール相談今すぐクリック!

日本調査業協会